2015年03月29日

本作り(2)_055

日を空けてしまい、自信を無くしていました。
やると決めた日は、他のことができない環境を作って、そこに身を置くべきだと思っています。
妥協は携帯電話の使用ですが、前々から電源をオフにすることを考えていたので、そろそろ実行します。

進行状況:2つ目の2割
posted by 服部 at 04:29| Comment(0) | 製作・企画

2015年03月01日

オンとオフの切り替え

・PS4版ぷよぷよテトリス
ぷよvsぷよの対戦で、相手が普通にプレーした場合に、
予想ですが405回に1回、自分が有利になる方法論に行き着くことができました。
勝利がほぼ確定しますが、ただ突き詰めるのが面白いという話です。
本作りへの影響が心配になってきました…。

再び検証。
1/405⇒1/243が濃厚。
危ない数値です。

三度目の検証。
1/243⇒1/100。または1/150程度。
これでほぼ間違いないと思うのですが、
別の考え方で調べたところ、オンラインで確実にできるやり方を見つけました。
あとはオフラインでも同じことが起きるかどうかを調べて、終了です。

四度目の検証。
オフラインでも確認が取れたので、資料にしてまとめて、終わりたいと思います。
posted by 服部 at 07:37| Comment(2) | ゲーム

2015年02月27日

本作り(2)_054

来月から2番目の作成を開始。
終了は8番目になると思っています。
慎重に、そして確実に行いつつも、早めに終わらせたいという心境です。
posted by 服部 at 04:01| Comment(0) | 製作・企画

2015年02月15日

本作り(2)_053

そろそろ1割。
ぷよの配置がものすごく手間。
しかし手間なだけではなく、しっかりと考えなければいけないという面白い作業。
妥協はできない。

使えそうな道具
作業にPCを使うことは、完全に止めています。
posted by 服部 at 03:42| Comment(0) | 製作・企画

2015年02月01日

本作り(2)_052

作業が順調。
こんなにたくさん鉛筆を削ったり、消しゴムを使った事は記憶に無いです。
自分の想像の中にあった最大の壁を乗り越えた感じがします。
posted by 服部 at 05:40| Comment(0) | 製作・企画

2015年01月23日

EスポーツMaXの新ルール

最初にこのルールを聞いて思ったことを書きます。
・挑戦者が勝利の場合 達人と即入れ替え
・勝者と敗者でファイトマネーに明確な差が発生
⇒勝者は次回継続なので、1回分よりも多くなる
posted by 服部 at 08:08| Comment(0) | ゲーム

2015年01月15日

本作り(2)_051

順番にやるとNGになる所。
大きな発見でした。
どうでもいいと思われがちな所ですが、比べてみるとよく分かる。
比べなくても分かってしまう人は、比べるまでもないという状態になっていると思いました。
自分もゆくゆくはその状態になる気がするので、今のうちに手を打っておきます。
posted by 服部 at 06:31| Comment(0) | 製作・企画

2015年01月11日

確認作業

気がついて実行すること。
気がつくようになる推測の力が伴うようになってきています。
この力は本作りで養われている気がします。

AC版ぷよぷよ通。
回転ボタンに関することが、調べ切れていない。
次の確認事項。
⇒ディップスイッチを工場出荷設定にして確認する
posted by 服部 at 05:38| Comment(0) | ゲーム

2015年01月07日

本作り(2)_050

新年を迎えるまでに、目標の3割も達成できませんでした。
しかしながら品質は向上しています。

分かるようになってから、今までできたことが全般的にできなくなってきています。
影響する範囲が大きいことを実感しています。
分からない⇒分かる⇒分からない というルートでは戻れないので、
別の方法を見つけて乗り越えたいと思います。
posted by 服部 at 05:28| Comment(0) | 製作・企画

年末年始

年末から年始にかけてPS4版、PSVita体験版のぷよぷよテトリスをプレイして、気付いた事を集積。
新たに気付いたのは6つでした。
6つを調べた結果、

疑問を解いた:5
疑問が解けていない:1
実行・比較していない:0

斜め入力に引き続いて、ボタンの入力にも目を向けることになり、試行。
良くない事実が明らかになりました。
解けなかった唯一の疑問点は、AC版のぷよぷよ通の仕様でした。
理屈が通じなかったので、出直してきます。
posted by 服部 at 05:03| Comment(0) | ゲーム